鶏むね肉が柔らか!煮るだけでしっとり【鶏むねチャーシュー】

鶏むね肉の簡単作り置きおかずを紹介します。

今回は調味料3つで煮るだけでOK

お肉がしっとり、味がしみこみ、日持ちするレシピなので作り置きにピッタリ!

お弁当のおかずにも、アレンジ料理にも、メインのおかずとしても助かる一品になってます。

今回のレシピは

・鶏むね肉で低コスト低カロリー
・むね肉でもお肉がしっとり
・調味料は3つだけ
・鍋で煮るだけで出来上がり
・冷蔵庫で5日ほど日持ちする

というレシピになってます。

鶏むね肉好きな人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

鶏むね肉がしっとり!鶏むねチャーシュー

鶏むね肉は低カロリーで高たんぱく、しかもお値段が安いので家計に嬉しい!

我が家ではいつも大量買いして作り置きしています。

そんな作り置きの中でも大好評の一品がこれ。

しっとり仕上がって、味もよくしみて、作るのも簡単!

調味料も3つでOKです。

材料

4人分

鶏むね肉・・・2枚
●酒・みりん・醤油・・・・各100ml

八角、生姜、ネギ・・・あれば適量加える

調味料のほかに、八角や生姜、ネギを加えることでお肉の臭みが消えてより美味しく仕上がります。
でも、ない場合はナシで作っても大丈夫です。
ただ、やはり加えると本当に美味しく仕上がるので、ぜひ一度加えて作ってみてくださいね。

作り方

1,鶏むね肉の皮や余分な脂を取り除き鍋に入れ、●と八角、生姜、ネギ等を加えて煮込む。

煮る時間は15分ほど煮たあと、一度お肉の上下を返してさらに10~15分煮るだけです。

落し蓋をすると、全体にしっかり火が通りやすくなります。

煮る時間はお肉の大きさや厚み、冷蔵庫からすぐ出した肉と少し常温においておいた肉などによっても
変わってくるので、20~30分の間で調節してください。

この分量で鶏むね肉は2~3枚は作れます。

1枚が少し小さめだったので写真は3枚で作ってみました。

落し蓋を使うと煮汁が全体に浸るので、味がよく浸みこみやすくなります。

私が愛用している落としブタはシリコン製でサッと洗えて、しっかり仕事してくれるので便利で可愛いです。
取り出す時はブタの鼻の穴に菜箸をさして引き上げれば簡単に取り出せますよ。

お弁当にもおすすめ

作った鶏チャーシューをスライスして煮汁に漬けておくと、しっかり味がしみこみます

これをお弁当に入れると、お肉がしっとりで味もしっかり!

美味しく食べれておすすめですよ。

冷蔵庫で5日保存できます。(実証済です)

まとめ

鶏むね肉を使った簡単鶏チャーシューのレシピを紹介しました。

鍋に、(酒、みりん、醤油)を同分量加えて鶏むね肉を20~30分ほど煮るだけでOKです。

お肉がしっとり柔らかく仕上がり、日持ちするので作り置きにピッタリ!

さらにスライスした状態で煮汁に漬けておくと、より味がしみてしっとり感も増しますよ。

お弁当作りや、毎日の作り置きにぜひお試しください。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる